竹伝 天地がえし (カップ入) 500g×6個入 B-33

4,600円(内税)


購入数
味噌づくりに最も適した国産大豆と国産米だけを使用しました。
 古くから信州諏訪では、寒さの緩み始めた桃の花の咲くころに味噌を仕込むと伝えられております。そして温度の高い夏に十分に発酵させ、秋までじっくり熟成させる。こうして半年以上の時間をかけて作り上げるのが本来の味噌造りでした。

 この「竹伝天地がえし」は、先人たちから伝えられたこの作り方をそのまま引き継いだ天然醸造味噌です。八十年の歴史を持つ土蔵倉で木桶に仕込まれ、そこに住む酵母菌などの微生物によって華やかな風味が醸し出されます。伝統を引き継ぎ、最新の技術も身に付けた蔵人たちが、毎日味噌と「会話」しながら、七ヶ月以上かけて熟成管理をし、みそを育てました。

 「天地がえし」とは発酵の進む夏の土用の頃、大桶の味噌をひっくり返して別の桶に移し替える伝統の技法です。これによって酵母菌が酸素に触れて元気になり、より風味を高めます。また、発酵ムラもなくなり、桶全体の味噌がおいしく仕上がります。
 包装工程においても、出荷に適切な状態か確認しながら、ひとつひとつ手作業でていねいにパッケージしました。このように手作業が多いため、目の届く範囲での限定生産とさせていただいています。

 天然醸造ならではの豊かな香りと深いコクが特徴です。具についてはお好みですが、なめこ、三つ葉など風味の強い具が適しています。